丸山栄三の閑話休題

アクセスカウンタ

zoom RSS やはり指揮者の音だった。

<<   作成日時 : 2017/07/17 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

他地区の吹奏楽コンクールを聴いてきた。多くの顧問が転任していたが、在任していた学校の音に変化があるか楽しみに聴かせていただいた。結果は、在任していた時に聴いた音が残っていた。そして、新しい学校の音は、まだ変えられていなかった。あと、2年もすれば指揮者の音になるのだろう。演奏については、楽譜を読み込んでいないところが多かった。ダイナミックをはじめ、楽譜をさらっているだけ、も気になった。なぜこのパートなの、どうしてTpが足されたの、アーティキュレーションはこれでいいの…、など上げたらきりがない。次のステージではきっと違った演奏が聴けるだろうから今後を楽しみにしている

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
やはり指揮者の音だった。 丸山栄三の閑話休題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる