ようやく動き出したものの、、

あと僅かで上半期が終わる。さて、この半年何したっけ、と考えてしまう。コロナ禍で生活が全てG.P.してしまい、それぞれのコミュニケーションは、 マスクしてtacetだった。 先頃、ようやく学校活動が再開され、久しぶりに小学校から4・5年生の新入部員の基礎を見てほしいとの依頼があった。そこで呼吸法に始まり、姿勢、アンブシュア、発音、、、などをレッスンしたところ、生徒二人が近寄ってきて、「チューナーの使い方を教えてください」との質問、、。さて、何を知りたいの?と聞くと実音と移調楽器の記譜音の関係が理解できていない様だった。そこで、先生に「生徒に出して欲しい音は、それぞれの楽器の記譜音を言ってるの?コンサートキーで言うの?」と聞くと、ハーモニートレーナーを使って同じ音を出させているとのことだった。したがって、チューナーの実音と自分の楽器の記譜音について理解していなくても済んでいたのだ。コンサートキーで日頃から示すのが良いのだが、移調楽器単独に指示する時は記譜音を示す方が楽なのだから始末が悪い。私は、始めていく団体には、特にTb.Euph.がどの様にこちらの指示を理解してくれるか確認している。楽器を始めて持った時は移調楽器なんて知らなくて当然ですね。

続きを読む

5月も今日で終わり

今年の上半期は新型コロナウイルスでストップしたまま過ぎてしまった。高校野球も中止、全国吹奏楽コンクールも中止。生活様式も変化した。部活は戻るだろうか。合奏は、合唱は誰が方針を出すのだろうか。朝練中止、土日は限定的に活動の現状に更に拍車がかからないか心配だ。先日医者へ行ったら、「私、バンドやっているんだけど譜面が見えないのよね」と受付で話している高齢の女性の話が聞けてきた。そして、翌日、検診を待っていたら隣にいたので「何をされているんですか」と声をかけたら「ピアノを弾いていて、サックスの伴奏やjazzのバンドで演奏している」とのことで、更に「音楽はいいですよ。いくら歳をしてもできますから」と言っていた。そうだね。いつまでも音楽していたいよね。(写真:ゼネラル製真空管・テープレコーダー)

続きを読む

待ちきれず動き出した様だ。

来月、新学期が開始される前に、顧問からこの遅れを取り戻したいとの相談があった。一番の心配は新入部員を早く育てたいとの思いが大きいようだ。考えていても仕方ないので、新学期が始まったら早く部活動を始めて楽器に触れる時間を作って欲しい。練習が開始されたら週末の時間がある時に伺うので、先を急がず楽しんで練習し、楽器に興味を持つ様にしてほしい。と話した。今年は、どこもスタートは同じだろうと思う。コンクールが中止になったとは言え、練習の成果を発揮する大会は必ず開催されると思うので、一歩一歩着実に進めて子供達を育ててほしい。(写真:ナショナル ポータブル・ステレオ プレーヤーSG532)

続きを読む

やはり、このタイトルが良い。

新たなタイトルをと思い、いろいろ変えてみたが、長いこと書いてきたタイトルの他にはないという思いに立ち、元に戻すことにした。そこに至ったのも、5月末日を迎えるに際し、ようやく吹奏楽の息吹を感じることができたことから、一緒に元気を戻そうと思ったためである。来月はあちこちから管楽器の音が聴こえることを祈りたい。(写真:ゼネラル真空管ラジオ5L02)

続きを読む

開眼した?世の中はこんな色だったのか。

昨日、以前から苦になっていた白内障の手術に臨んだ。そして、今朝検査に行き眼帯を外したら、えっ観葉植物の葉はこんな色してたのか、ドアの取手はこんな色だったのか、と見える世界が違って見えた。よし、これなら楽譜もはっきり見えるだろうと、家に帰って譜面台の上の楽譜を見たらそうは行かなかった。メガネをかけ直さねくてはならない。とはいえ、以前とは違った風景が広がっていて楽しい。左目の手術が残っているので、更にどんな見え方をするのか楽しみだ。(写真:Panasonic ナショナル 真空管ラジオ EA-410)

続きを読む

コロナ渦に敵対する意識を低下させる。

今話題の定年延長は現社会の要請によるもので、国家公務員は、段階をを踏んで定年65歳に進んでいる。一方、検察官は、63歳を65歳に延長するために法案を提出したものだ。基本的にはただそれだけの話である。それに対し、芸能人をはじめ多くの表現者が反対を表明しているようだがどうしてだろうか、違和感を感じる。今、コロナ禍で大半の表現の場が中止になり、収入にも変化が現れている時だから間接的にも国に訴えたい気持ちは十分理解されるが、全国民を対象に幸せを売る存在を考えるといかがなものか。基より、芸名を使っているのだから、実名や別アカウントで投稿しても良いのではないかとも思う。いずれにしても時期が悪い。国を挙げて「新型コロナ禍」の終息に取り組んでいる最中であり、本日にも「緊急事態宣言」が一部解除される見通しのこの時にである。そうでなくても気が緩み、第2波が来るのではないかと心配される時に、コロナウイルスの感染防ぐ、マスク・うがい・ソーシャルデスタンス、移動の自粛などなどの意識が低下しないか気にかかる。国民は、このコロナ禍が治まらないと社会も経済も止まったままで、今以上の不幸が待ち構えているからだ。(写真:1953年 ナショナル・PS−54型 当時11,950円)

続きを読む

今年の吹奏楽コンクール中止は残念

今年の吹奏楽コンクール、小学生バンドフェス、マーチングコンテストは新型コロナウイルス対策上中止という決断に至ったようだ。残念極まりない。 三年生は2年間練習を積み重ね、最後の年に期待を寄せていただろうに、気持ちを察すると涙が出る思いだ。早くこの騒ぎが治まって、音楽会、文化祭などで沢山の音楽に触れ思い出を作ってほしい。楽器があればいつでも音楽はできる。たとえ楽器がなくても技術は残るので生涯音楽を友として楽しんで欲しい。

続きを読む

大型連休が終了したが学校は休校継続

大型連休が終了した。連休中、道路は閑散としていた。まだまだ日本は捨てたものじゃない。 手洗いにうがい、マスク、ソーシャルディスタンスと生活様式が変化してきている。目に見えるものは距離を置いて、目に見えないもの(心・ハート)は近くにと言っていたが、このような時でなけれ足を止めて考えることもなかったであろう。 学校の休校期間は地域ごと決めるようだが、先頃までは10日まで休校としていたのが、緊急事態宣言の継続に伴い5月中とされた。 この授業不足が子供達にどのような影響を及ぼすのだろうか。落ちこぼれないよう願うばかりだ。 それと、これだけ休校が続くと、ウイルスに対して異常に神経質になっている子らのケアも考える必要があるだろう。 団の練習はもうしばらくお待ち下さい、ですかね。

続きを読む

こんなことが許されるのか。

こんな事が許される日本に終息なんて不可能だ。 (NHK防災ニュースから転載)「新型コロナウイルスへの感染が確認された都内に住む20代の女性が、感染の確認が分かったあと高速バスで県内の実家から東京に戻っていたことが新たに分かったと発表しました。 都内に住む20代の女性は、先月26日に味覚や嗅覚に異常を感じたあと28日まで勤務先に出勤し、29日に新宿発の高速バスを利用して県内の実家に帰省した。その後、30日に県内にある友人の家でバーベキューをした後、勤務先の同僚が新型コロナウイルスに感染していることが分かったことなどから今月1日にPCR検査を受けた。その際、県は女性に、検査結果が出るまで実家に待機するとともに公共交通機関の利用を控えるよう求めていた。保健所が2日午前9時ごろ、検査結果を伝えるため女性に連絡をした際、女性は「1日夜の高速バスで都内に戻った」と話し、2日夜、保健所に「1日の夜に県内で女性を見かけた」という連絡が寄せられたため、女性に改めて確認をしたところ、陽性と伝えられたあとの2日午前10時すぎに高速バスで都内に戻ったと話したという。女性が事実と異なる説明をしたことについて県は「理由は分からない」としている」 これだけ国民の自粛や廃業を余儀なくされている業者、医療関係者の身を捨てての計り知れない診療業務によって終息に向けて今まで経験したことのない生活を送っているにもかかわらずこんな事があって良いのか。良いわけはない。この騒ぎを知らないはずもない。感染者の企業名を広報しているのだから、…

続きを読む

連休かあ〜、天気は良さそうだけどなあ、

一日中コロナウイルスに関してニュースやワイドショーが毎日取り上げている。このウイルスを心配しなくて済む時が早く来るのを願っているが、未だ先が見えないところに不安を感じる。社会はウイルスに敵対する姿勢でいるものの、今後は社会活動が変化しウイルスとの共存といった方向に進んでいくのではないだろうか。 緊急事態宣言期間が延びそうだが、この大型連休を皆どのようにして過ごすのだろうか。老輩はともかく、若いお父さん達は子供を連れて遊びに行きたいところだろうが、昨日の午後、市の防災行政無線で何度となく市長が連休中外出を控えるよう訴えていた。それを聞くと、チョット出れないかな? ここ数日、外出自粛を意識してのことと思うが、作曲家が課題を出して作曲に触れるというものがあり、わずかな時間を楽しんでいる。正解はないので、思いつくままピアノに向かって音符を埋めたりコードを当てはめたりしている。こんな時間が持てるのも今この時期だからこそである。折角だから日頃落ち着いて出来なかったことをいろいろやってみようと思う。

続きを読む

今、ゆっくりCDを聴くとき

CDを整理したら、必要に迫り購入したっきりのCDが沢山出てきた。聴いたのかもしれないが、こうして外出自粛の最中でもあるので、集中して聴くことができる。中にはレッスンに伺い、生徒と取り組んだ曲もあり、懐かしさと当時生徒がよくこの難曲を選曲したものだと感心するものもある。 午前中は中学校、午後は高校或いは小学校と車中で昼食を摂って掛け持ちなんてこともあった。生徒には良い思い出になっているだろうか。 このような縁で、高校から音大へ進んだ学生もいて、いつかまた一緒に演奏できる日があることを楽しみにしている。 今は、樽屋雅徳・作品集を聴きながら書いている。

続きを読む

快晴の気持ち良い一日だった?

気温も上がり、快晴の気持ちの良い一日だった。今日は、一人暮らししている実家の掃除などで週2回は行かなければならないため、最低限の買い物などを行ってきたが、交通状況は少なめだった。デパートの休刊も影響しているかも知れない。 新聞によると、休校が5月まで及ぶかも知れないとのこと。未だ封じ込むことのでない感染状況では仕方ないだろう。西村経済再生相も在宅勤務するというし、大相撲部屋でも6人の感染が認められたとのことだ。他山の石として、家族を守って欲しい。 近所の子供達は、夕方、4時過ぎると家から出てきて、サッカーボールを蹴っている。そして、5時にはみんな家に戻っていく。そんな風にして毎日を過ごしているのだが、成長期にじっとしているなんて可哀想に思う。早く元の生活に戻してあげたい。 プレーヤーの皆さんと暫く話してないなあ。来月にしても今月同様なら動きが取れないなあ。近況をメールでやりとりするしかないのか、、、。こっちも早く普段に戻りたい。

続きを読む

贅沢すぎた毎日だったかも知れない。

今日、午前中いつも通りの散歩に出かけた。途中、川縁に置いてあったベンチに座り、しばし陽だまりに身を置いた。今まで散歩はしていたが、こんなに幸せをに感じる時間があっただろうか。贅沢な毎日だったのかも知れないなあ、と思いつつ、しばらく時間を忘れてコロナストレスを癒した。 来週から、大型連休が始まる。東北6県と新潟県は、人の行き来を自粛する共同声明を発するという。自分の県はそのような危機感を持って県民を守ろうとしているのだろうか。そんな意気込み、エネルギーを感じさせてもらいたい。 それはそれとして、県民、国民には何としても自粛して外出を控えてほしい。みんな「自分だけは大丈夫」と思っていないだろうか。実際、岡江久美子さんの訃報が今朝報じられたし、志村けんさんの死も他人事と思わず、無駄にして欲しくない。 市長が濃厚接触者で自宅観察しているようだが、トップに立つ者は、日々「万が一」を考えていなければいけないと思う。私も、長いこと穴を開けないよう、骨折恐れて好きなスキーを止めたり、演奏の前日は外での飲酒をしないよう、職人として慎重に慎重を重ねて行動してきた。 チョット脇が甘すぎる。それも危機管理では、、、と思う。

続きを読む

春なんだよね。

毎日、目の前の新型コロナウイルス予防で気が滅入ってしまいますが、縁側の花達は年に一度の笑顔を見せています。「そうだ、春なんだよ」例年なら暇を持て余すなんて事はないし、予定では、昨日から17名で東北方面へ旅行に行っているはずだったのに、この騒ぎで中止した。 TVでは、サーフを楽しむ青年が3蜜状態で遊んでいる。これって、国をあげて「不要不急の外出を自粛しているんじゃなかったっけ」、これじゃ終息なんて程遠い気がして、腹立たしくも思った。 学校は休校状態で、いつ解除になるか分からない。進学、就職を目前に控えている者もいたであろう。それがストップしてしまい、これを取り戻すことは不可能だ。 他人事で自分だけ良ければ、、、じゃなく、一生を左右する者もいることを考えてやってほしい。そんな日本じゃなかったはずだ。

続きを読む

福島弘和作品集

16:00〜保健所長の発表。2人の感染というが市とはいえ広すぎる。せめて東西南北方面くらいは個人情報に当たらないのではないかと思うが、そんなこと考えないのだろう。何のために発表しているのだろうかと疑問を持つところだが、役所だからね。〜良く分かる#$%&。そして、保健所長の説明が、、イライラする。 そんなイライラ感を拭うため「福島弘和作品集1」を聴いている。少し前に流行った「ラッキードラゴン〜第五福竜丸の記憶〜」だ。今聴いてみるとやはりコンクール曲だ。 この頃からかなあ、コンクール用の曲が盛んに演奏されたよな。このコロナで足踏みしないで早く終息して前に進んでほしい。 Forward march!!

続きを読む

家庭内DVもわかる気がする

一日中家に閉じ籠っているとやはりストレスを感じてくる。昨日は雨だったし、今日も気温は低く、曇り空だったので散歩も行けなかった。風邪引いても医者に行けないしね。 かと言って、家にいて夫婦喧嘩してても仕方ないので、朝ドラを観たら別居、そして10時に合流してティータイム。そしてまた別居。昼食は一緒に食べて、午後3時にまた合流してお茶の時間を過ごす。その後、夕飯までお互いに好きな時間を過ごす。こんな毎日でなんとか過ごしているが、いつまで続くことか、、、。 午後、友達から「関白宣言」の替え歌を送ってきた。ユーチューブで聴くことができるようだが、ここに載せるのは著作権上心配だったのでアップはしないが、興味があったら聴いてみてほしい。 夕飯後風呂から上がって、酒井格の「at tha lake 湖の湖畔で」を聞きながら今書いている。こんな時間が持てる幸せを今さらながら感じている。だから、これからも毎日家に篭る。

続きを読む

早く孫と遊びたいし音楽をしたい。

昨年、12月にクリスマスコンサートに呼ばれて病院のロビーで演奏したきり今に至っている。他の団体も皆休止状態のようだ。そろそろと思ってもそうは行かない情勢だ。このウイルスをやっつけるには、知恵の戦いだから、感染させないよう、全国民が家に閉じこもってウイルスをシャットアウトするしかないだろう。 今朝、孫とTV電話で話してパワーをもらったが、孫の成長とこちらの体調を考えると今しか遊べないのだ。 こんな生活にいたたまれず、家でTpを吹いても周囲に気を遣う。早く、終息して孫と遊びたいし、子供たちと音楽し、はしゃぐ声を聞きたい。 そして、おじさん達と熟練した生活感のほとばしる演奏がしたい。だから、お願いだから日本国民全員が閉じ籠ってウイルスを追い返しましょう。

続きを読む

緊急事態宣言へ

いよいよ、全国に緊急事態宣言がなされるようだが、今日は、ただただ1日を無駄に過ごしてもと思い、午前中、人との接触を避けて6600歩を1時間かけて散歩。途中、やはり暇を持て余したのか散歩していた知人と雑談。この状態は5月6日まで?、イヤもっと長いかもしれない。 散歩から帰宅して、まずはL P鑑賞( Hr.concerto)そしてTpのレッスンは15分程度かな? そして昼食を摂り、午後は、納戸の音楽関連機材の片付け(〜15:00)で結構汗をかいた。その後、コンテで花をスケッチ(うまく書けないなあ( ; ; )) こんな事して一日が終わった。 夕食後、、、さて、、、これから、途中の岡本太郎著「自分の中に毒を持て」を読もうかなあ〜。 だが、明日はどうしようか?こんな毎日、いつまで???

続きを読む

体調不良が新型コロナの感染と結びつかない現実

20代女性が上京し、帰路についたあと発熱と倦怠感を感じていた後も接待を伴う深夜飲食店で客と接触していたという。当初、若い人には移らない、人から人への感染はない、というミスリードがこうした事態の一端を招いているのではないか。 中には世間で騒がれているこの問題が、社会に対し或いは国民一人一人に及ぼす影響と終息しなかればならない重要性を認識していないのかもしれない。 昨日は新聞の休刊日だった。この新型コロナウイルスが世界中で大騒ぎされている状況下を認識していない者も中には存在していることを考えると、休刊日はいかがなものか。そう言えば、昨年の台風19号の翌々日も休刊日だった。 こうした状況下での休刊日は、大袈裟かもしれないが社会の緊張感に緩みを与えないだろうか。 配達員などのお休みも必要なことは十分理解できる。であれば休刊日を変更することはできないだろうか。新聞の公益性、特殊性、社会に及ぼす影響を考えればある程度の犠牲は許されるのではないかと思う。

続きを読む

全ての社会活動が停止してしまった。

昨日、年度始めの会議があったが30分程度の短時間で終了した。今月は、あとひとつ会議が予定されているが、おそらく中止だろう。全ての社会活動が停止しているため本年度の計画が立たない。 再び公立学校が休校に入った。それぞれの家庭で子供を見ることができるのだろうか。まだまだ体制が整っていない。通常、そうした実情に「子供食堂」などでサポートすることも考えられるものの、国を挙げてこの新型ウイルスに対応している現在、動きが取れない。 合唱団の感染も取り沙汰されていることから、もちろん吹奏楽の練習も休止である。プロのオケも中止で、ネットで配信と言うニュースもあるが、収入がないので生活に支障を来しているのではないだろうか。オケの維持さえ困難になることも予想される。早く終息してくれれば再会も可能だが、そうは簡単には行かないだろう。 ワクチン、特効薬のない現在、日本全体が団結して、ウイルスに感染しない、感染させない、ため不要不急の外出を自粛して、ウイルスの行き場を無くすこ とではないだろうか。ウイルスは、目に見えないだけに怖い。

続きを読む