コロナ渦に敵対する意識を低下させる。

今話題の定年延長は現社会の要請によるもので、国家公務員は、段階をを踏んで定年65歳に進んでいる。一方、検察官は、63歳を65歳に延長するために法案を提出したものだ。基本的にはただそれだけの話である。それに対し、芸能人をはじめ多くの表現者が反対を表明しているようだがどうしてだろうか、違和感を感じる。今、コロナ禍で大半の表現の場が中止になり、収入にも変化が現れている時だから間接的にも国に訴えたい気持ちは十分理解されるが、全国民を対象に幸せを売る存在を考えるといかがなものか。基より、芸名を使っているのだから、実名や別アカウントで投稿しても良いのではないかとも思う。いずれにしても時期が悪い。国を挙げて「新型コロナ禍」の終息に取り組んでいる最中であり、本日にも「緊急事態宣言」が一部解除される見通しのこの時にである。そうでなくても気が緩み、第2波が来るのではないかと心配される時に、コロナウイルスの感染防ぐ、マスク・うがい・ソーシャルデスタンス、移動の自粛などなどの意識が低下しないか気にかかる。国民は、このコロナ禍が治まらないと社会も経済も止まったままで、今以上の不幸が待ち構えているからだ。D26B7CBC-A285-41CF-BB33-88DB9119044D.jpeg(写真:1953年 ナショナル・PS−54型 当時11,950円)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント